米国株式市況/予測通りのCPI結果でFRBの利上げ減速期待/CSIS日本議長ジョンストン氏がforeign affairsに寄稿

【DOW】34,189.97△0.64%
【NASDAQ】11,001.10△0.64%
【 S&P500】3,983.17△0.34%
ラッセル2000種指数 1,872.94△1.57%
VIX恐怖指数 18.83↓ 
Fear & Greed Index 57 ↑ 
米30年債利回り 3.574% ↓  
米10年債利回り 3.444%  ↓  
米5年債利回り 3.573%   ↓
米2年債利回り 4.145%  ↓
米1年債利回り 4.674%  ↓
U.S. 10 Year TIPS  1.235% ↓ 
10年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.21%[1/12] 
5年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.21%[1/12] 
米実質金利(10年)1.31%[1/11]
米実質金利(5年)1.45%[1/11]
フィラデルフィア半導体指数:27889.65△1.24% 
WTI原油先物 78.19 8:40JST
ドルインデックス 102.244↓
ブルームバーグ ドル・スポット指数 :1,235.79▼0.13%  
ブルームバーグ商品指数 110.9404△1.16%  
バルチック海運指数 1,043.00▼4.84%  [1/11] 
S&P/LSTA U.S. Leveraged Loan 100 2,452.63↓ [1/11]
ICE BofA US High Yield Index Option-Adjusted Spread430BP[1/11]
( 米ハイイールド債指数の利回りスプレッド)
Bitcoin (USD) 18872.45 8:41JST
米取引所の合算出来高は121億4000万株。直近20営業日の平均は108億8000万株
★経済指標
・総合CPI 前月比▼0.1%、前年同期比△6.5% ※前月比マイナスになったのは2年ぶり
・コアCPI 前月比△0.3%、前年同月比△5.7%
ていうか燃料と車以外、下落していないし。
ブルームバーグの算出によればエネルギーと家賃、帰属家賃を除いたベースでは、サービスの価格は前月比△0.3%

https://www.bls.gov/news.release/cpi.nr0.htm

・新規失業保険申請件数(1月7日終了週)は前週比1000件減の20万5000件


S&P500、ナスダック総合指数△0.3%でスタートするが、すぐにマイナスに転じてまたプラスに転じ不安定な動きでスタートした。

CPIデータを受けてFF金利先物市場で、FRBが1月31日─2月1日の連邦公開市場委員会(FOMC)で0.25%ポイントの利上げを実施する確率が約95%となった。FF金利先物市場では、今後2回のFOMCで25bpの引き上げを2回行うことを織り込んでいる。また6月に5%弱で利上げが打ち止めになるとの見 方も強まった。


金利下落でドルインデックスも下落。ドルは主要通貨に対してドル安方向に。
一方で、円は主要通貨に対してあまり変わらず。カナダドルに対しては円高。

これはちょっとびっくりなんだが、この調査の半数以上が7月までに日銀が引き締めに動くとみているようだ。まあでも業種別で銀行業みても1か月、1年で他業種に比べて明らかにプラスだからつじつまはあっているように思う。

日本銀行が昨年12月に突然の金融緩和修正を決めたことを受け、エコノミストの政策見通しも大きく変化している。今月の金融政策決定会合はほぼ全員が現状維持を見込んでいるが、7月までに引き締めに転じるとの予想が5割を超えた。
  エコノミスト43人を対象に6-11日に実施した調査によると、日銀の次の政策対応は全員が「金融引き締め」と回答。時期は4、6月がともに19%で、7月までの3会合で合計52%と過半に達した。前回調査では31%だった。今月17、18日に開く会合に関しては、1人が金融政策の微調整を見込む以外は現状維持を予想した。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2023-01-12/ROCV90T0G1KW01?srnd=cojp-v2

CSIS議長、クリストファー・ジョンストン氏がforeign affairsに寄稿

To Make Japan Stronger, America Must Pull It Closer

なんかもうタイトルからして強烈じゃないですか。
もう自衛ではなく、 ACTIVE DEFENSE になれということですね。

FROM SELF-DEFENSE TO ACTIVE DEFENSE
To create a stronger alliance, Washington and Tokyo must rethink alliance command and control. Japan’s new defense strategy calls for a significant expansion in bilateral military operations, including larger and more complex joint exercises with U.S. forces, enhanced joint patrols and reconnaissance operations, and deeper cooperation in the space and cyber-domains.

https://www.foreignaffairs.com/japan/make-japan-stronger-america-must-pull-it-closer

まあ要は、日本は、米国の韓国との同盟とは異なり、日米同盟は統合的な軍事作戦ができるようには設計されていないので再設計しましょう。今がその時ですとしているな。

そして防衛産業をもっと強化せよと。結局のところ、日本の軍備増強は、日本の防衛産業の強化なしには持続不可能である。防衛産業の再編も必要であろう。

MORE INDUSTRY, MORE SECURITY
Tokyo’s new national security and defense strategies recognize the need to strengthen the Japanese defense industry. Historically, Japan has had a comparatively weak and uncompetitive defense industry, focused only on the small domestic market, that produced capabilities sufficient to support a tightly constrained concept of defense. Because Japan effectively banned arms exports after World War II, the industry limited itself to building high-cost boutique equipment for the SDF that was supplemented primarily by purchases from the United States. This situation finally began to change with a partial loosening of arms exports under Abe in 2014. Still, U.S.-Japanese collaboration on advanced capabilities has so far been limited to the development of a ballistic missile defense interceptor in the early 2000s. Japan’s new strategy calls for more subsidies and spending on R & D to support the defense industry, among other steps. The risk of wasteful spending is high if Japan fails to develop a competitive presence in the international defense marketplace that leverages economies of scale and the best technology available.

日本は現在、在日米軍の支援に年間約20億ドルを費やしており、米軍基地の光熱費やそこで働く日本人の給与、現在日本に駐留する約5万5000人の米軍のための新施設の建設費などの大部分を負担している。この取り決めは、同盟の他の側面と同様に、日本が重要な軍事パートナーではなく、同盟が事実上一方通行であった別の時代に根ざしたものである。日本が防衛費を増やし、新しい能力に投資するというコミットメントは、ここ数十年のインド太平洋における最も重要な戦略的進展の一つである。それが持続され、結果として日米関係が強化されることは、米国の国益にかなうものである。既存の費用分担の枠組みを継続することは、より対等な同盟とパートナーシップのビジョンを損なうことになる。

SHARED RESOURCES AND STRONGER READINESS
As Japan increases defense spending to new levels, it will be necessary to revisit the cost-sharing arrangements that have underpinned its alliance with the United States since the 1970s. Japan currently spends about $2 billion annually on supporting the U.S. military presence in Japan, footing a large portion of the utilities costs on U.S. bases, the salaries of Japanese nationals employed on them, and the construction of new facilities for the approximately 55,000 U.S. troops currently stationed in the country. This arrangement, like other aspects of the alliance, is rooted in another era, when Japan was not a significant military partner and the alliance was effectively a one-way arrangement.
Japan’s commitment to increase defense spending and to invest in new capabilities is among the most significant strategic developments in the Indo-Pacific in decades. It is in the national interest of the United States to see that it is sustained and that the U.S.-Japanese relationship is strengthened as a result. Continuing the existing framework for cost-sharing would undermine the vision of a more equal alliance and partnership.

https://www.foreignaffairs.com/japan/make-japan-stronger-america-must-pull-it-closer

これは全く気付かなかったが、日本が生き残る道は防衛産業が主流になってくるのかもしれない。この流れは大統領が共和党になろうと民主党になろうと変わらない動きなのかもしれない。