米国株式市況/次はCPIに注目が集まる

【DOW】33,704.10△0.56%
【NASDAQ】10,742.63△1.01%
【 S&P500】3,919.25△0.70%
ラッセル2000種指数 1,820.90△1.39%
VIX恐怖指数 20.58↓ 
Fear & Greed Index 50 ↓ 
米30年債利回り 3.746% ↓  
米10年債利回り 3.615%  ↓  
米5年債利回り 3.724%   ↑
米2年債利回り 4.247%  ↑
米1年債利回り 4.737%  ↑
U.S. 10 Year TIPS  1.388% ↑ 
10年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.24%[1/10] 
5年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.20%[1/10] 
米実質金利(10年)1.31%[1/9]
米実質金利(5年)1.48%[1/9]
フィラデルフィア半導体指数:2721.29△1.29% 
WTI原油先物 74.56 8:54JST
ドルインデックス 103.274↑
ブルームバーグ ドル・スポット指数 :1,237.81▼0.04%  
ブルームバーグ商品指数 108.6524▼0.54%  
バルチック海運指数 1,139.00△0.80%  [1/9] 
S&P/LSTA U.S. Leveraged Loan 100 2,440.96↑ [1/9]
ICE BofA US High Yield Index Option-Adjusted Spread437BP[1/9]
( 米ハイイールド債指数の利回りスプレッド)
Bitcoin (USD) 17444 8:59JST
米取引所の合算出来高は100億2000万株。直近20営業日の平均は109億1000万株

S&P500、ナスダック総合指数は小幅な動きでスタート。
パウエル議長が スウェーデンで開かれている国際会議の講演の発言を無事通過した。

・銅が6月以来の最高値を記録高値は4.0835ドルで、6月17日に4.1160ドルを記録して以来の高値となった。
・”’first five days”が話題になっているなあ。年の最初の5営業日で1%以上上昇した後の残りの期間のリターンの中央値は、平均で△13.9%
・FOMC議事要旨では3地区連銀がFF金利据え置きを支持したとのことだが、その中の1行だけが2023年のFOMCメンバー
・ 世界銀行、半期に一度の世界経済見通し(GEP)を公表。この中で23年の世界成長率を1.7%と予想し、昨年6月時点の見通しからほぼ半減させた。予想通りなら2009、10の両年の縮小に次ぎ過去30年ほどで3番目の低成長に。


EIAのエネルギー短期予測

経済予測次第が変更すればまた変わるだろうが、今のところはWTI価格は$70前後で推移する予測がでている。2024年も$60は下回らないようだ。

・ 原油価格ブレント原油価格は、2023年の平均が$83/バレル(b)、2024年は世界の石油在庫の積み上がりにより$78/bと下落が続き、原油価格に下落圧力がかかると予想
・ガソリン価格。卸売精製マージンおよび原油価格の下落により、本予測では低下。ガソリンの小売価格は2023年に平均$3.30/ガロン、2024年$3.10/ガロン程度になると予想されている

HHガス価格は$4~$5を2023年~2025年の見通し。 2023年のHH天然ガススポット価格は、国内消費が減少し、液化天然ガス(LNG)の輸出が比較的横ばいで推移することから、昨年から25%近く下落する見込み。 天然ガス生産量については、パーミアンとヘインズビル両地域の天然ガス生産量は、2023年と2024年にパイプライン・インフラの拡張が完了することで増産の見込み。