米国株式市況/主要3指数は再び下落

【DOW】29,225.61▼1.54%
【NASDAQ】10,737.51▼2.84%
【 S&P500】3,640.47▼2.11%
ラッセル2000種指数 1,671.71▼2.54%
VIX恐怖指数 31.84↑ 
Fear & Greed Index 15 ↓ 
米30年債利回り 3.728% ↑ 5:35JST 
米10年債利回り 3.794% ↑  5:35JST   
米5年債利回り 4.029%  ↑  5:35JST   
米2年債利回り 4.201%  ↑   5:35JST
米1年債利回り 3.969% ↓    5:35JST
5年債と30年債の利回り差    逆イールド
2年債と10年債の利回り差   逆イールド
U.S. 10 Year TIPS  1.614% ↑ 
10年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.33% [9/28] 
5年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.37% [9/28] 
米実質金利(10年)1.39%  [9/28]  
米実質金利(5年)1.55%  [9/28]
ブルームバーグ商品指数 112.5709▼0.16%
WTI原油先物 81.62 ← 5:38JST  
バルチック海運指数 1,799.00▼0.44% [9/28] 
フィラデルフィア半導体指数:2347.3▼3.29%
ブルームバーグ ドル・スポット指数 :1,335.12▼0.35%  
ドルインデックス 112.075 5:39JST    
S&P/LSTA U.S. Leveraged Loan 100 2,323.20▼0.24% [9/28]
ICE BofA US High Yield Index Option-Adjusted Spread 547BP[9/28]
( 米ハイイールド債指数の利回りスプレッド)
Bitcoin (USD) 19466  5:40JST

◆経済指標
・ 2022年第2四半期GDP確定値 前期比年率▼0.6%← 2期連続の経済縮小
・ GDP物価指数 △9.1%
・ 9月24日終了週の新規失業保険申請件数は前週比1万6000件減の19万3000件 (前週は20万9000件(速報値21万3000件)に修正)
・ 失業保険の継続受給者数(9月17日終了週)は135万人に減少  ※歴史的な低水準


★欧州
FTSE100、ドイツDAXはプラス圏でスタートしていたが、英国トラス首相の「経済政策について方針を転換しない」発言で急落。またポンド安になるが、現在はポンドは対ドルで1.11まで戻る。
ドイツの9月CPIはEU基準(HICP)で前年比△10.9%( 前月の8.8% )と、1996年の調査開始以降で最高。エネルギー価格高騰が全体を押し上げた。 ユーロ圏のインフレ率は明日発表されるが、再び過去最高を更新する見込み。
STOXX600▼1.67%、FTSE100▼1.77%で下落しておえる。

それにしてもトラス首相は非常に興味深い。
トラス首相とクワルテング財務相は共著『Britannia Unchained(2012年)』で小さな政府、規制緩和、減税を主張していた(引用元:ロイター)。サッチャー元首相を尊敬していると公言しているとのことなので、サッチャー政権の回帰を目指しているようにも思えるが、どう考えてもエネルギー高騰支援策についてはサッチャーの方針とは異なる。
一方で、さきほどの共著によると英国内ストライキを厳しく取り締まる方針を打ち出していたりして、労働組合に対しては厳しく取り組む姿勢をみせるなど一部重なるところはあるようだ。文脈を知らずに抜き出すのはよくないのは承知だが、英国人のことを「世界で最悪の怠け者」と酷評もしている。英国財務省の官僚主義を打破する方針もあるようで、 クワルテング財務相 は財務省幹部をすぐに解雇している。なかなかの二人だ。(引用元:the conversation)
基本的なスタンスとしては労働組合などを見捨てるスタンスだろう。そもそもこれらの方針みると、全員を救おうとはしていなし。
また、 トラス首相の発言がすごい。
金融・経済をわかっていないと叩かれているが、彼女の発言を見る限りは論点はそこではないのだろうな。彼女は確固な理念をもとに国を動かそうとしている。その割にエネルギー高騰制作のバラマキは理解に苦しむけど‥
”I have to do what I believe is right for the country and what is going to help move our country forward.” (the gardian

★米国市場
欧州市場の下落をうけて、S&P500、ナスダック総合指数は▼1%をこえて下落。
・バンク・オブ・アメリカがアップルを格下げしてアップルは下落
・フレディマックの最新データによると、30年固定ローンの平均金利は現在6.70%
・バークシャー・ハサウェイがオクシデンタル・ペトロリアムの株式を追加購入。出資比率が20.8%にまで高まる
・中古車販売カーマックスの株価は、予測を下回る収益発表したことを受けて、木曜日に▼23%
・メタが採用凍結との報道

FOMCメンバーの発言
・クリーブランド地区連銀のメスター総裁は、利上げにより高インフレを抑制するというFRBの動きを変更するような米金融市場の 機能不全は見られないと述べた。
・セントルイス地区連銀のブラード総裁は、米経済は英国での市場混乱の影響からおおむね守られており、英国の情勢が米見通しに影響を及ぼすことはないという見通しを示した。