米国株式市況/パウエル議長は政策スタンスを維持

【DOW】32,283.40▼3.03%
【NASDAQ】12,141.71▼3.94%
【 S&P500】4,057.66▼3.37%
ラッセル2000種指数 1,899.56▼3.31%
VIX恐怖指数 25.56
Fear & Greed Index 44 ↓ 
米30年債利回り 3.193% ↑ 
米10年債利回り 3.043% ↑    
米5年債利回り 3.208%  ↑   
米2年債利回り 3.403%  ↑  
米1年債利回り 3.374% ↑   
5年債と30年債の利回り差     逆イールド
2年債と10年債の利回り差   逆イールド
U.S. 10 Year TIPS  0.452% ↑ 
10年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.57% [8/26]
5年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.73% [8/26] 
米実質金利(10年)0.43%  [8/25]
米実質金利(5年)0.38%  [8/25] 
WTI原油先物 93.06     
フィラデルフィア半導体指数:2798.44▼5.81%
ブルームバーグ ドル・スポット指数 :1,292.16△0.45% 
ドルインデックス 108.835↑    
S&P/LSTA U.S. Leveraged Loan 100 2,392.61△0.17% [8/25]
ICE BofA US High Yield Index Option-Adjusted Spread 460BP[8/25]
( 米ハイイールド債指数の利回りスプレッド)
Bitcoin (USD) 20329  9:49JST
米取引所の合算出来高103.7億万株。直近20営業日の平均は106億4000万株
◆経済指標
・7月PCE総合価格指数 前月比▼0.1% 前年同月比△6.3%(6月△6.8%)
・7月PCEコア価格指数 前月比△0.1% 前年同月比△4.6%(6月△4.8%)
・7月 インフレ調整後実質PCE 前月比△0.2%
・個人所得 前月比△0.2%
・貯蓄率5%で前月から変わらず。2009年以来の低水準。
・小売業在庫(自動車除く)0.4%(前月 1.5%)
・8月米ミシガン大学消費者マインド指数(確定値)58.2 (前月51.5)
 - 1年先のインフレ期待は4.8%と、速報値(5.0%)から低下

PCE総合価格指数発表でインフレが鎮静化していることを示していたため、米国先物は上昇しS&P500、ナスダック総合指数はほぼフラットでオープニングをむかえる。
オープニング後にジャクソンホールでのパウエル発言があり急落。最後も大幅に売り込まれた。
週間でみるとS&P500▼4.89%、ダウ▼4.78%、ナスダック総合指数▼5.3%と大幅下落の週になった。
後払いのAffirmが 予想を上回る四半期損失を計上し、期待はずれの見通しを発表したため▼21%の大幅下落。一時$120だったのに、もう$24とかだ…顧客が数千万人いるのでそろそろAmazonとかどこかが買収の話が出てくるのではなかろうか。クラウドゲームのElectronic Arts (通称EA)に買収の話を持ち掛けたと報じられたがAmazonは否定した。すでにクラウドゲームに参入しているAmazonだが、EA買収が決まればMicrosoftとの戦いでいい線までいきそうだ。

PCE物価指数でインフレ鎮静化の兆しがみたのでFRBが転換する”期待”があったが、完全に打ち消された。個人的には、BOLDにした「過去の記録は早急過ぎる政策緩和を強く戒めている 」という発言だな。
「金利の上昇、成長の鈍化、労働市場の軟化はインフレを低下させるが、家計や企業にも痛みをもたらすだろう」とまで発言しているから、ある程度の経済停滞は見込んでいるのでは。
個人的にはインフレ鎮静化の兆しがみえたからFRBが転換すると考えている人が多いのが理解しがたいのだけど、まあ経済停滞しないように上手く舵取りすると考えている人の方が多いのだなあ。
なお、FF金利先物市場は75BPが61.5%の予測なので急激に上がったというわけではない。そもそも米国市場の商いが薄いのも気になる。トレードしてるの個人が多いのだろうか。

“Restoring price stability will likely require maintaining a restrictive policy stance for some time,” Powell said Friday in remarks at the Kansas City Fed’s annual policy forum in Jackson Hole, Wyoming. “The historical record cautions strongly against prematurely loosening policy.
He said lowering inflation to the 2% target is the central bank’s “overarching focus right now” even though consumers and businesses will feel economic pain. He reiterated that another “unusually large” increase in the benchmark lending rate could be appropriate when officials gather next month, though he stopped short of committing to one.
(中略)
Restoring price stability will require a “sustained” period of below-trend growth and a weaker labor market, Powell said. “While higher interest rates, slower growth, and softer labor market conditions will bring down inflation, they will also bring some pain to households and businesses,” he said.

https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-08-26/powell-says-history-warns-against-prematurely-loosening-policy

なお、メスター総裁もインフレ・ファイターの発言をしている(引用:ブルームバーグ

CHXN9000△0.2%でたいして上昇しなかった。基本的に米議会は中国を市場から追い出そうとしているから、より厳しい規則や立法をしてくるだけではないかな。

米中の規制当局が26日発表した声明によれば、合意の一環として、中国は米公開会社会計監督委員会(PCAOB)に監査業務に関する文書と人員へのアクセスを認める。米国側の監査官は9月半ばまでに作業を開始する予定だとしている。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-08-26/RH82BXT0G1KW01?srnd=cojp-v2