米国株式市況/ドイツのリセッションは避けられない

【DOW】33,706.74▼0.86%
【NASDAQ】12,705.22▼2.01%
【 S&P500】4,228.48▼1.29%
ラッセル2000種指数 1,958.83▼2.09%
VIX恐怖指数 20.60
Fear & Greed Index 51 ↓ 
米30年債利回り 3.215% ↑ 
米10年債利回り 2.976% ↑    
米5年債利回り 3.095%  ↑   
米2年債利回り 3.238% ↑ 
米1年債利回り 3.254% ↑   
5年債と30年債の利回り差    27BP →
2年債と10年債の利回り差   逆イールド
U.S. 10 Year TIPS  0.427% ↑ 
10年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.55% [8/19]
5年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.72% [8/19] 
米実質金利(10年)0.36%  [8/18]
米実質金利(5年)0.32%  [8/18] 
WTI原油先物[9月限] 90.44    
フィラデルフィア半導体指数:2953.34▼2.78%
ブルームバーグ ドル・スポット指数 :1,286.40△0.51% 
ドルインデックス 108.103↑    
S&P/LSTA U.S. Leveraged Loan 100 2,407.92▼0.09% [8/18]
ICE BofA US High Yield Index Option-Adjusted Spread 437BP[8/18]
( 米ハイイールド債指数の利回りスプレッド)
Bitcoin (USD) 20951 9:16JST
米取引所の合算出来高は100億1000万株で、今年最小水準
◆経済指標
ベーカーヒューズ 社発 リグ稼働数 601基 (前週601基)


ユーロ・ストックス50▼1.25%、FTSE100はほぼフラットで欧州市場はクローズ。ユーロは対ドルで下落して再びパリティに近い1.0040に。ただし、ポンド、円、豪$、NZドルに対してはややユーロ高に。円は、対ドルでも対ユーロでも下落して再び円安になり137.442円でおえる。

米国市場は、S&P500▼0.6%、ナスダック総合指数▼1.0%ほど下落してオープニング。オープニング後はさらに下落し、午後は横ばいでおえる。

週間ベースでは S&P500▼1.21%、ナスダック総合指数▼2.62%でおえた。
週間ベース、S&P500セクター別で生活必需品、公益サービス、エネルギーセクターが△2~2.5%程度の上昇。一方電、コミュニケーション、不動産、素材はだいたい▼1%となった。


バークシャ・ハサウェイはアップル買い増しに続き、オキシデンタル株式最大50%取得したことが報道された。
バークシャ・ハサウェイはエネルギー部門としてバークシャー・ハサウェイ・エナジーをもっていて、アイオワ州の風力・太陽光発電を手掛けようとしていたり(引用元:ブルームバーグ)、米ドミニオン・エナジーD.Nの天然ガス輸送・貯蔵事業まで2020年に買収している(引用元:ロイター
どうもバークシャ・ハサウェイ・エナジーの動向が気になる。

こういう動向をみると、「再エネと化石燃料、どちらも投資するウォール街」をまさに実現しているなあと思う。まあ欧州では化石燃料調達は限られているけど、米国はどちらも潤沢にあるものね。


先日、ユーロ圏リセッション確率が60%という報道がでていたが、ドイツのリセッションは避けられないだろう。ドイツ国債利回りも急上昇
・ドイツPPI 前月比△5.3% 前年同月比△37.2% ←どちらも1949年以来最大
・ドイツのエネルギー価格 前年比△105%となっている…
・ 5年後から5年間の期待インフレ率を反映するブレークイーブン・インフレ率(フォワードBEI)は2.18%と7週間半ぶりの高水準
(引用元:ロイター

ドイツの電気・ガス価格が高騰して、製造業に直撃している。

ドイツの電気・ガス価格はわずか2カ月で2倍余りに上昇。欧州の指標である1年先の電力価格はメガワット時当たり540ユーロ(約7万4000円)を超えた。2年前の同価格は40ユーロに過ぎなかった。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-08-19/RGUOS1DWRGG601?srnd=cojp-v2

太陽光が豊富な日中にのみ工場稼働すればいいんじゃないの?と思ったら、そういうレベルではないことがわかった。太陽光発電が豊富な日中でも工場稼働停止もありえそうだ。
8/4-8/9のドイツの電力消費と発電内訳をみたら、太陽光のピークタイムでも消費量を半分ほどしかまかなえてないことがわかる。
エアコン需要がものすごく高いのもあるんだろうが、これは厳しいなぁ…太陽光のピーク時間でも太陽光発電と同じくらい石炭発電しているじゃないか。