米国株式市況/FOMC議事要旨うけ主要3指数は上昇

【DOW】32,120.28△0.60%
【NASDAQ】11,434.74△1.51%
【NASDAQ100】11,943.93△1.48%
【 S&P500】3,978.73△0.95%
ラッセル2000種指数 1,801.18 △2.06%
VIX恐怖指数 28.37 ↓
Fear & Greed Index 14 ↑ 
米30年債利回り 2.982% ↑
米10年債利回り 2.759% ↑  
米5年債利回り 2.729%  ↑ 
米2年債利回り 2.510%  ↓
米1年債利回り 1.991% ↓  
5年債と30年債の利回り差    25BP↑
2年債と10年債の利回り差    25BP↑
U.S. 10 Year TIPS  0.213% ↓ 
10年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.56% [5/25]
5年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.88% [5/25] 
米実質金利(10年)0.21% ↓ [5/24]
WTI原油先物 111.05↑ 9:29JST    
フィラデルフィア半導体指数:2882.93△1.98%
ブルームバーグ ドル・スポット指数 :1,230.86▼0.09% 
ドルインデックス 102.013 9:30JST
S&P/LSTA U.S. Leveraged Loan 100 2,319.44▼0.52% [5/24]
ICE BofA US High Yield Index Option-Adjusted Spread 494BP[5/25]
( 米ハイイールド債指数の利回りスプレッド)
Bitcoin (USD) 29781 ↑ 9:32JST
米取引所の合算出来高は111億9000万株。直近20営業日の平均は132億7000万株。
◆経済指標
・ 耐久財受注 前月比△0.4%(前月△0.6%)
・ コア資本財受注 前月比△0.3% (前月△1.1%)
・原油在庫量  -1.019M


S&P500▼0.3%、ナスダック総合指数▼0.3%でスタート。オープニング後はプラスに転じるものの小幅な動き。FOMC議事要旨発表後には、一段高となる。
セクター別では一般消費財△2.78%、エネルギー△1.97%でヘルスケア・公益サービスが小幅に下落。

ノードストームは、売上高が予想を上回り、通期見通しも上方修正されたため、△14%の上昇となった。Target、Kohl’s、Abercrombie & Fitchなどの小売業者が、サプライチェーンコストや人件費などの経費増加で利益を圧迫したのとは対照的。パンデミックの規制緩和で行事出席などが増えたのが要因っぽい。

またエヌビディアは次の売上見通しを引き下げたことで▼10%以上の下落となった。中国のサプライチェーンの混乱のあおりを受けたようだ(引用元:BBG


FOMC議事要旨はこちら
ざっくり読んだ。まあ6,7月50BP予測は以前からあったわけだし、そこは予測通りだしサプライズなしですよね。FF金利もそこまで動いていないよね。