米国株式市況/堅調な米小売売上高

【DOW】32,654.59△1.34%
【NASDAQ】11,984.52 △2.76%
【NASDAQ100】12,564.10 △2.62%
【 S&P500】4,088.85 △2.02%
ラッセル2000種指数 1,835.61 △2.93%
VIX恐怖指数 26.10 ↓
Fear & Greed Index 15 ↑ 
米30年債利回り 3.185% ↑
米10年債利回り 2.995% ↑  
米5年債利回り 2.968%  ↑ 
米2年債利回り 2.711%  ↑
米1年債利回り 2.067% ↑  
5年債と30年債の利回り差    21BP↓
2年債と10年債の利回り差    28BP↓
U.S. 10 Year TIPS  0.245% ↑ 
10年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.71% ↑ [5/17]
5年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)3.08% ↓ [5/17] 
米実質金利(10年)0.20% [5/16]
WTI原油先物 111.35↑ 9:20JST   
フィラデルフィア半導体指数:3066.50△5.00%
ブルームバーグ ドル・スポット指数 :1,243.54▼0.11% 
ドルインデックス 103.245 9:21JST
S&P/LSTA U.S. Leveraged Loan 100  2,348.05 △0.18% [5/16]
ICE BofA US High Yield Index Option-Adjusted Spread 471BP[5/16]
( 米ハイイールド債指数の利回りスプレッド)
Bitcoin (USD) 30560 ↑ 9:22JST
米取引所の合算出来高は120億株。直近20営業日の平均は133億株。
◆経済指標
・ 鉱工業生産総合指数 前月比△1.1%(前月△0.9%)
・製造業生産指数 前月比△0.8%(前月△0.8%)
・米小売売上高 △前月比0.9%(前月△1.4%)
 - 自動車とガソリンスタンドを除く小売売上高 △1%
・ 5月住宅市場指数 69 (前月77)← 2020年6月以来の低水準


アジア株高、欧州株高。好調な米小売売上高をうけて、S&P500△1%、ナスダック総合指数△2%でスタート。
セクター別では、生活必需品だけマイナスだったが、ITセクター、素材、金融が△3%ちかく上昇した。
ユナイテッド航空が消費者需要の改善を受けて第2四半期の収益見通しを上方修正したことで、航空銘柄は△7%ちかく上昇。
ホーム・デポは、予想を上回る四半期決算、通期の業績見通しも上方修正して△1.7%

場中に、パウエル議長が「 インフレが後退していることを示す明確で納得できる証拠が得られるまで当局は利上げを続ける」と発言したが、それでも大幅高を維持した市場だった。 米シカゴ連銀のエバンス総裁、 米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁も発言したが、年内のFedwatchは大きな動きはなし。

以下については、まぁそういう見解もあるだろうなあ。

BMOキャピタル・マーケッツの米国金利戦略部門責任者、イアン ・リンゲン氏は「FRBはしばらく利上げを続けて様子を見るという見 方が出ていたが、パウエル議長はそうしたことはないとの趣旨の発言を した」とし、「これは過去の事例と一致する。FRBが利上げを開始し たら、何かが壊れるまで利上げを続ける」と述べた。

https://reut.rs/3MnBogH

これは…。もし融資で消費しているとしたら2008年で住宅価格が高騰している時に、それを担保に車が飛ぶように売れた時と既視感があるのですが。

同氏は、消費者信用残高は増加する傾向にあるほか、住宅評価額からローン残高を差し引いたホームエクイティを担保に融資を受ける動きがここのところ増えていると指摘。この2つが消費を支えているとみている。
一部エコノミストは消費需要を支える大きな柱として、新型コロナウイルス禍での政府支援による貯蓄増加を挙げており、ハッチウス氏の発言はこうした見方と対照的だ。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-05-17/RC106WT0AFB501?srnd=cojp-v2

WTI原油価格は米国時間は$115/bblまでタッチしたのに、いっきに$111まで下落した。バイデン政権が、シェブロンとベネズエラ政府が協議する許可をだしたとの観測あり(引用元:WP