米国株式市況/Netflix35%下落、テスラ時間外で△5%

【DOW】35,160.79△0.71%
【NASDAQ】13,453.07▼1.22%
【NASDAQ100】13,998.53▼1.49%
【 S&P500】4,459.45▼0.06%
ラッセル2000種指数 2,038.19△0.37%
VIX恐怖指数 20.32 ↓
Fear & Greed Index 48 ↑
米30年債利回り 2.874% ↓
米10年債利回り 2.832% ↓  
米5年債利回り 2.862%  ↓ 
米2年債利回り 2.575%  ↓
米1年債利回り 1.936% ↑  
5年債と30年債の利回り差    1BP↓
2年債と10年債の利回り差    25BP↓
U.S. 10 Year TIPS  -0.11% ↓ 
10年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.92% ↓ [4/20]
5年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)3.36% ↓ [4/20] 
米実質金利(10年)0.00% ↑ [4/19]
WTI原油先物 102.34↑ 8:53JST  
フィラデルフィア半導体指数:3142.20▼0.35%
ブルームバーグ ドル・スポット指数 :1,212.53△0.04%
S&P/LSTA U.S. Leveraged Loan 100 2,425.74▼0.04% [4/19]
Bitcoin (USD) 41385↑ 8:58JST
米取引所の合算出来高は108億5000万株。直近20営業日の平均は116億1000万株
◆経済指標
・3月中古住宅販売件数 年換算577万戸 前月比▼2.7% ←2020年6月以来
・中古住宅価格 過去最高$37.53万  前年同月比△15%
・14日までの1週間の30年固定住宅ローン金利:平均5.0%←2011年以来の高水準
・ 3月末時点の中古住宅在庫 95万戸 前月比△11.8%。前年同月比▼9.5%


S&P500△0.48%、ナスダック総合指数△0.4%でオープニング。
Netflixは決算発表をふまえて▼35%で2004年以来最大の下落幅となった。年間でも62%下落してS&P500の中で最もパフォーマンスが悪い銘柄となった。 ウィリアム・アックマン 率いるHFはNetflix株全部売却したと報道(引用元:ロイター
興味深いのがNetflixの決算をうけて、同様のストリーミング企業であるDisney▼5.6%, Roku▼6.2% 、Warner BrosとDiscovery は▼6%. Paramount ▼8.6%となったこと。決算前の売りでハイテク株はメタ、アルファベットを中心に下落。

一方で、ダウ構成銘柄のP&G、IBMは好決算でそれぞれ△2.7%、△7.1%となった。

セクター別では、一般消費財、コミュニケーションサービスは下落したが、それ以外は上昇。

あとはベージュブックはこちら。ざっと読んだけど、 高いインフレ率と労働力不足が引き続き企業の課題 を指摘していて、目新しいことはないかと思われます。
そしてSF連銀のデーリー総裁は投票権をもっていないが「 「0.5ポイントの利上げが実に堅実である論拠が見られる」 と発言(引用元:ブルームバーグ

もうFF金利みると、5月利上げ50BPはほぼ100%で、次の焦点は6月利上げになっているね。そして6月利上げは75BPが50BPを上回る予測が強いのかー。6月、7月それぞれ50BPというより、6月に75BP利上げ、7月25BP利上げか50BP利上げと‥


Tesla決算発表 時間外△5.7% 決算資料はこちら

  • Earnings per share: $3.22 vs $2.26 expected
  • Revenue: $18.76 billion vs $17.80 billion expected

-自動車部門の売上高:$168億6000万に達し、前年同期比△87%
- 規制クレジットの売上:$6億7900万 前四半期の2倍強
-発電・バッテリー事業売上:$6.16億 前年同期比△24%
 ※自動車の粗利率32.9%
 ※モデル3とモデルYが販売者の95%を占める
 ※太陽光発電事業の遅れは、テスラがコントロールできない特定の部品輸入遅延が原因

「規制クレジット売上」については知らんかった(引用元:forbes
ステランティスが2021年に購入終了したようだけど、Fordなど各社EV参入しているからこの売上はおそかれ早かれなくなっていくよね。全米でやってるわけないよなと思ったら、CA州、NY州、MA州、NJ州が実施しているらしい。