米国株式市況/3月EIA短期エネルギー見通し

【DOW】32,632.64▼0.56%
【NASDAQ】12,795.55▼0.28%
【 S&P500】4,170.70▼0.72%
ラッセル2000種指数 1,963.01△0.60%
VIX恐怖指数 35.13↑
Fear & Greed Index 13→
米30年債利回り 2.219% ↑
米10年債利回り 1.840% ↑
米5年債利回り 1.776%  ↑
米2年債利回り 1.601%  ↑ 
5年債と30年債の利回り差  44BP↓
2年債と10年債の利回り差  24BP↓
U.S. 10 Year TIPS  -1.069% →
10年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.90%↑ [3/9]
5年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)3.43%↑ [3/8] 
米実質金利(10年)-0.99% ↓ [3/7]
WTI原油先物 $126.32 9:17JST
フィラデルフィア半導体指数:3156.87△1.87%
ブルームバーグ ドル・スポット指数 :1,206.02△0.07%
S&P/LSTA U.S. Leveraged Loan 100 2,397.53▼0.42% [3/7]
Bitcoin (USD) 38779↑ 9:18JST
米取引所の合算出来高は約190億株と約1年ぶりの高水準を記録。直近20営業日の平均は134億株だった。

◆経済指標
・1月輸入額  $3141億 △1.2% ※過去最大
 - 1月は原油や石油製品を含む工業製品供給の輸入が増加
・1月輸出額 $2244億  ▼1.7%
・ 財とサービスを合わせた貿易赤字 $897億 △9.4%

S&P500、ナスダック総合指数はほぼフラットでスタート。
セクター別では、相変わらずエネルギーセクターが△1.39%と上昇しているが、ヘルスケア、生活必需品は▼2%を超える下落。
米債入札は、「480億ドルの3年債入札は、応札倍率が2.3 9倍と平均を下回るなど軟調」とロイター報道


シェルは火曜日にロシア産原油を先週購入したことを謝罪し、ロシアからの原油供給をすみやかに停止し、国内のサービスステーションも停止すると。ガスプロムが運営するサハリン2のLNGプラントを含むロシア事業から撤退するとも表明。謝罪した結果、株価は△2%を超える上昇。
”self-sanction”によるロシア産エネルギーからの撤退が起きていると語ったのは、 BBG記者のJavier Blas氏だ(引用元:BBG
”self-sanction” もあるが、株主からの追及が出てきているようでもあるんだよな。この動き、もう少しウォッチしておきたい。

Shell apologised on Tuesday for buying Russian oil last week after it had said it would pull out of its Russian operations, including the Sakhalin 2 LNG plant in which it holds a 27.5% stake and which is operated by Gazprom

https://www.reuters.com/business/energy/shell-withdraw-russian-oil-gas-2022-03-08/

3月EIA短期エネルギー見通し

https://www.eia.gov/outlooks/steo/

EIAは今日発表しているから、ロシア産エネルギー禁輸の影響は考慮していない。今回の価格予測も不確実性を指摘している。
となると、この価格予測はロシア産エネルギー禁輸の影響がなくても、少なくともこれくらい上昇すると考えておいていいはずだ。

・原油価格の平均は、3月に$117/バレル、2Qに$116/バレル、2022年後半に$102/バレルと予想する。2023年平均価格は$89/bまで下落すると予想。
・レギュラー・ガソリン価格は下半期に平均$3.71/ガロンにまで下落すると予測
・天然ガスHH価格は2022年第2四半期に平均$3.83/MMBtu、2022年全体では$3.95/MMBtuと予想。2023年のHH価格は平均$3.59/MMBtuと予想


各州のガソリン価格について

つい数日前、2008年6月以来のレギュラーガソリン平均価格が$4.00を突破したと報道されたが、さらに高値更新している。

https://gasprices.aaa.com/?state=OK

ガソリン価格最安値の州の1つであるOK州でさえ1年前の平均価格が$2.595だったのに、現在は$3.719だ。一方で、一番ガソリン価格が高いCA州は1年前が$3.75だったのに対して、現在は$5.444だから、かなりの上昇となっている。

ロシア産原油は、WSJの報道によると西海岸が多い。

・米国がロシアから輸入する原油の約半分は西海岸
・約4分の1は東海岸での利用
・どちらのエリアも米最大油田であるパーミアン盆地とハブのOK州クッシングのパイプラインとつながっていない

なのでロシア産エネルギー禁輸についても、米国の各州によって影響はことなってくるだろう。以前、原油価格のパイプラインを調べていたことがあるので、ピンときた。こうやってみると、西海岸と東海岸はスカスカなんですよ。もちろん精製された原油のパイプラインは東海岸はあるけど、西側はほんと薄い。まぁ最後の開拓地だからしょうがない。東側も見事にアパラチア山脈を避けている。