米国株式市況/FOMC待ちでも米主要3銘柄、最高値更新

【NYダウ】36,052.63△0.39%
【NASDAQ】15,649.60△0.34%
【 S&P500】4,630.65△0.37%
ラッセル2000種指数 2,361.86△0.16%
VIX恐怖指数 16.03 ↓
Fear & Greed Index 78→  
米30年債利回り 1.958% ↓
米10年債利回り 1.547%↓
米5年債利回り 1.143% ↓
米2年債利回り 0.448% ↓
5年債と30年債の利回り差  81BP↑ 
2年債と10年債の利回り差  110BP↑
10年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.51%→ [11/2]
5年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.84% ↓  [11/2]
米実質金利(10年)-0.92% ↑ [11/1]
WTI原油先物 $82.57 ↓ 9:33JST
フィラデルフィア半導体指数:3548.85 △1.21%
ブルームバーグ ドル・スポット指数 :1,163.17△0.06%
S&P/LSTA U.S. Leveraged Loan 100 2,412.46 △0.03% [11/1] 
Bitcoin (USD) 63071 ↑ 9:35JST
米取引所の合算出来高は約102億株。直近20営業日の平均は103億株。

S&P500、ナスダック総合指数は、ほぼフラットでスタート。ナスダックは、構成率が5番目に高いテスラが▼4%下落し、足を引っ張った。テスラのリコールや、イーロン・マスクがまだハーツと契約を交わしていないことが嫌気されて売られた。

米10年債利回りは、株式市場オープニングの頃に1.56%でスタートしたが終盤にかけて下落した。1日遅れだが5年BEI利回りも下落。

それにしてもテーパリングはもうこのスケジュール通りになりそうだから、あとは利上げがいつ頃くるかだろう。今のFedWatchだと2022年に少なくとも1回、2回はきそうな状況ではあるが…。

エコノミスト49人のうち過半数は金融当局が今月中にテーパリングを始めて2022年半ばまでに終えると予想。月額計1200億ドル(約13兆6500億円)のペースで進めている購入について、米国債は毎月100億ドル、住宅ローン担保証券(MBS)は50億ドルずつ減らすと見込んでいる。
 利上げ開始が22年中か23年の早い時期かを巡ってはほぼ半々の見方が示されたが、23年の早い時期とする予想がわずかながらも過半数を占めた。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-11-02/R1X21VDWX2PS01?srnd=cojp-v2