米国株式市況/ADP雇用統計は予想を大幅に下回る。株価はレンジ内

【NYダウ】35,312.53▼0.14%
【NASDAQ】15,309.38△0.33%
【 S&P500】4,524.09△0.03%
ラッセル2000種指数 2,287.06△0.58%
VIX恐怖指数 16.11→ 
Fear & Greed Index 57↑ 
米30年債利回り 1.915↓
米10年債利回り 1.299↓
米5年債利回り 0.774↓  
米2年債利回り 0.211↓ 
5年債と30年債の利回り差  114BP↓ 
2年債と10年債の利回り差  109BP↓ 
日本国債10年との利回り差 127BP↓
10年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.34%↑ 
5年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.48%→ 
米実質金利(10年)-1.03 ↓ [8/31]
WTI原油先物 $68.15→ 7:43JST
フィラデルフィア半導体指数:3399.95▼0.52%
ブルームバーグ ドル・スポット指数 :1,144.50▼0.01%
S&P/LSTA U.S. Leveraged Loan 100 2,396.52△0.03% [8/31]←最高値更新
NASDAQ OMX China Technology (CHXN9000) 2,807.09△1.93%
Bitcoin (USD) 48517 7:47JST
米取引所の合算出来高は98億4000万株。直近20営業日の平均は89億8000万株。

◆経済指標
・米民間雇用者数 前月比37万4000人増(予想中央値は62万5000人増)
 -前月32万6000人増(速報値33万人増)に下方修正
 - サービス部門の雇用は32万9000人増
・ 米ISM製造業総合景況指数 59.9(前月59.5)
 -雇用指数 49.0(前月52.9)←2020年11月ぶりの低水準
 -仕入れ価格指数 79.4(前月85.7/前々月92.1)←8か月ぶり低水準
 -新規受注指数 66.7
 -原材料のリードタイムは平均91日と、統計開始以来最長


S&P500△0.1%、ナスダック総合指数△0.3%上昇でオープニング。
米10年債利回りは朝は1.3%台だったが、夕方に入り1.3%を下回る。5年債利回りは0.76%だったのですが0.78%台まで上昇するがその後下落。まあでもほぼ横ばいですな。スプレッドはわずかな縮小。

米国のコロナの状況

入院者数はピークを過ぎて下落しはじめているようだ。

https://covid.cdc.gov/covid-data-tracker/#new-hospital-admissions

ちなみに、CDCの米国エリア別でみると、南部の④や⑥、CA州を中心とした⑨についてはピークを過ぎて下落しはじめているが、③や⑧など今まであまり感染拡大の話を聞かなかったエリアで上昇しはじめているようだ。④はハリケーンIDAの影響もあるから、また急浮上する可能性もあるかもしれないなあと。

ただし、17歳以下の入院者数は8月で52,693名もいる。そして、入院者数はうなぎ上りだということを忘れてはいけない。10万人あたりの入院者数でいえば、70台の高齢者は8.89とかなので高齢者に比べると決して高くはないんだけどね。