米国株式市況/パウエル議長発言をうけS&P500最高値

【NYダウ】35,455.80△0.69%
【NASDAQ】15,129.50△1.23%
【 S&P500】4,509.37△0.88%
ラッセル2000種指数 2,277.15△2.85%
VIX恐怖指数 16.33↓ 
Fear & Greed Index 50↑ 
米30年債利回り 1.9180↓
米10年債利回り 1.3100↓
米5年債利回り 0.8030↓  
米2年債利回り 0.2170↓ 
5年債と30年債の利回り差  111BP→ 
2年債と10年債の利回り差  109BP↓ 
日本国債10年との利回り差 129BP↓
10年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.39%↑ 
5年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.53%↑ 
米実質金利(10年)-0.99 ↑ [8/26]
WTI原油先物 $68.65↑ 9:34JST
フィラデルフィア半導体指数:3436.45△1.96%
ブルームバーグ ドル・スポット指数 :1,147.53 ▼0.49%
S&P/LSTA U.S. Leveraged Loan 100 2,392.43△0.03% [8/26]
NASDAQ OMX China Technology (CHXN9000) 2,615.43▼1.00%
Bitcoin (USD) 49209.25 9:40JST
米取引所の合算出来高は86億7000万株。直近20営業日の平均は89億5000万株。

◆経済指標
・PCE総合価格指数 前月比△0.4%(前月△0.5%)前年同月比△4.2%
・PCEコア価格指数 前月比△0.3% (前月△0.5%) 前年同月比△3.6%
・インフレ調整後 実質PCE 7月▼0.1%
 - 財への支出 ▼1.6%/サービスへ支出 △0.6%
・ 個人消費支出 前月比△0.3%(前月△1.1%)
・ミシガン大消費者マインド指数(確定値)70.3 (速報値70.2)

S&P500、ナスダック総合指数は△0.2~0.3%でスタート。
10時 ETから開始したジャクソンホールシンポジウムでのパウエル議長発言で米株はさらに上昇。Apple、MSなんかは下落してスタートしていたのにパウエル発言で上昇ですか。

パウエル議長の演説全文を読むと、 7月FOMC経済がおおむね予想通り進展した場合には年内に資産購入ペースの減速を開始するのが適切というのは変わらないね。今回、テーパリングのタイミングは示したが、それが利上げを意味するものではないというのがはっきりしたということか。

At the FOMC’s recent July meeting, I was of the view, as were most participants, that if the economy evolved broadly as anticipated, it could be appropriate to start reducing the pace of asset purchases this year. The intervening month has brought more progress in the form of a strong employment report for July, but also the further spread of the Delta variant. We will be carefully assessing incoming data and the evolving risks. Even after our asset purchases end, our elevated holdings of longer-term securities will continue to support accommodative financial conditions.
The timing and pace of the coming reduction in asset purchases will not be intended to carry a direct signal regarding the timing of interest rate liftoff, for which we have articulated a different and substantially more stringent test. We have said that we will continue to hold the target range for the federal funds rate at its current level until the economy reaches conditions consistent with maximum employment, and inflation has reached 2 percent and is on track to moderately exceed 2 percent for some time. We have much ground to cover to reach maximum employment, and time will tell whether we have reached 2 percent inflation on a sustainable basis.

https://www.federalreserve.gov/newsevents/speech/powell20210827a.htm

労働市場については、学校再開、ワクチン接種増加、失業給付などの終了がみえてきているので今後回復していくだろうと。となると、学校再開と失業給付終了は9月のデータとなるので、10月以降のデータみてどう11月、12月のFOMCのコメントがどうなるかは興味深いところだ。

With vaccinations rising, schools reopening, and enhanced unemployment benefits ending, some factors that may be holding back job seekers are likely fading.While the Delta variant presents a near-term risk, the prospects are good for continued progress toward maximum employment.

https://www.federalreserve.gov/newsevents/speech/powell20210827a.htm

次の大きなイベントは8月の雇用統計発表(9/3)になりそうだけど、8月はまだ約900万人もPUA・PEUCもらっている。しいていえば、学校が再開となり母親の雇用および、学校関連の雇用増がありそうだけどね。

で、これをうけてFed Watch、2022年12月末は利上げなしがやや上昇といったところ。