米国株式市況/米CPI待ちのさえない相場

【NYダウ】34,447.14▼0.44%
【NASDAQ】13,911.75 ▼0.09%
【 S&P500】4,219.55 ▼0.18%
ラッセル2000種指数  2,327.13 ▼0.71%
VIX恐怖指数   17.89 ↑ 
米30年債利回り 2.170↓
米10年債利回り 1.492↓  
米5年債利回り 0.750↓  
米2年債利回り 0.157↑ 
2年債と10年債の利回り差  133BP↓
5年債と30年債の利回り差  142BP↓
日本国債10年との利回り差 142BP↓
10年物TIPS利回り ―0.85%  → 
20年物TIPS利回り ―0.36%  ↓
10年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.32% ↓ 
5年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.41%↓ 
WTI原油先物 69.68→ 8:33JST 
フィラデルフィア半導体指数:3158.48▼0.40%
ブルームバーグ ドル・スポット指数 :  1,118.63 △0.00%
S&P/LSTA U.S. Leveraged Loan 100  2,389.90△0.04% [6/8]
Bitcoin (USD) 37448.7↑ 8:35JST 
米取引所の合算出来高は115億3000万株。直近20営業日の平均は107億4000万株。

S&P500△0.2%、ナスダック総合指数△0.4%上昇でスタート。
米10年債利回りはオープニングごろに1.47%台にまで下落。10年債と2年債の利回りスプレッドも縮小。また、10年BEIも一時が2.342%となり、4月下旬以来の低水準になった。

昨日のアジア時間に発表された 中国の5月生産者物価指数は前年同月比△9%上昇で物価上昇圧力は高まっているよね。米チポトレも賃金上昇発表後にメニュー価格を3.5~4%上昇すると昨日発表(引用元:USA TODAY
メニュー価格は上がりそうなのがみえてきたけど、米家賃価格の比重が大きいからそこがどう出てくるかね。

金利ボラティリティーは低下し、インプライドボラティリティーの指標は3月以来の低水準なのかー。 8月ジャクソンホール会合まで静かになりそうなのね。(引用元:ブルームバーグ

昨日の10年債入札。応札倍率は1年ぶりの高水準。

リバースレポ・ファシリティーの取引額は、3日連続で過去最高を記録。

FedWatchの2021年末金利予測もさらに下落。