米国株式市況/雇用統計待ちの相場ですね

【NYダウ】34,600.38△0.07%
【NASDAQ】13,756.33 △0.14%
【 S&P500】4,208.12 △0.14%
ラッセル2000種指数 2,297.834 △0.13%
VIX恐怖指数  17.48→
米30年債利回り 2.271↓
米10年債利回り 1.588↓  
米5年債利回り 0.792↓  
米2年債利回り 0.149↓ 
2年債と10年債の利回り差  144BP↓
5年債と30年債の利回り差  148BP→
日本国債10年との利回り差 150BP↓
10年物TIPS利回り ―0.88%  → 
20年物TIPS利回り ―0.34%  →
10年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.44% ↓ 
5年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.59%↓ 
WTI原油先物 68.72↑ ←WOW~
フィラデルフィア半導体指数:3196.98△0.71%
ブルームバーグ ドル・スポット指数 :1,117.38△0.03%
S&P/LSTA U.S. Leveraged Loan 100 2,386.01△0.02% [6/1]←52週最高値更新中
Bitcoin (USD)37535.66↓ 7:59JST 
米取引所の合算出来高は122億株。直近20営業日の平均は105億株。 ←商い膨らんだ!

オープニングは、△0.1%程度の上昇でスタート。商い膨らんでいるのに主要指数が動かないのはまあ構成率高いFANG+Mのせいってことですよね。
米10年債金利も1.6%台を下回る。 EFFR金利は0.06%に上昇。
CNBCによると、米国の5月の非農業部門雇用者数は約67万と前月の2倍強になる可能性が高いとのこと(引用元:CNBC)

S&P500エネルギー指数は、だいぶコロナ禍以前の水準に戻ってきてるね。
個別株でみると、戻っていないエネルギー企業もあるんだろうけど。
シェブロン、エクソンもだいぶ戻ってきてるじゃん。投資家はIEAのレポート通りにみていないということな気がするよなあ。

フィラデルフィア連銀ハーカー総裁は、「少なくともテーパリング(段階的縮小)の議論を考えてみる時期だろう」と発言。 とはいえ、FedWatchの年末予測では25BP以上の利上げ予測が昨日12%に再度上昇したが、また10%を下回った。
FRBの報道官は、こう発言しているけど、 社債ポートフォリオの段階的な売却を開始する計画を発表は気になるよね。

SMCCFによる購入は昨年末で終了したが、FRBが先週発表した最新のバランスシートの詳細によれば、一連の社債やETFの保有残高は137億ドル(約1兆5000億円)前後だった。FRBはまずETFの売却を皮切りとして、夏には社債の売却にも着手し、年末までに完了させたい意向。
  FRBの報道官は、SMCCFのポートフォリオ売却に関し、金融政策とは無関係であり、政策についてのシグナルでもないと指摘した。 

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-06-02/QU3D4MT0AFBB01?srnd=cojp-v2