米国株式市況/バイデン政権の American Families Plan

【NYダウ】33,820.38 ▼0.48%
【NASDAQ】14,051.03 ▼0.28%
【 S&P500】4,183.18▼0.08%
ラッセル2000種指数 2,304.16△0.13%
VIX恐怖指数  17.28→
米30年債利回り 2.290↓ 9:47JST
米10年債利回り 1.613↓  9:47JST
米5年債利回り 0.854↓  9:47JST
米2年債利回り 0.162↓  9:47JST
2年債と10年債の利回り差   145BP→ 
5年債と30年債の利回り差  143BP↓
日本国債10年との利回り差 152BP→
10年物TIPS利回り ―0.82%  ↓
20年物TIPS利回り ―0.29%  ↓
10年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.41% ↑ WOW~
5年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.51%↑  WOW~
WTI原油先物 64.04 ↑ 10:24JST 
フィラデルフィア半導体指数:3178.49▼1.46%
ブルームバーグ ドル・スポット指数 : 1,123.58▼0.11%
LQD   131.04△0.02%
HYG 87.38△0.19%
S&P/LSTA U.S. Leveraged Loan 100 2,371.34△0.03% [4/27]
米取引所の合算出来高は95億株。直近20営業日の平均は99億株。

オープニングでは、S&P500はほぼフラット、ナスダック総合指数もほぼフラットでスタート。米10年債金利は1.62%前後を推移。
Apple△0.2%、Amazon△0.6%、MS▼2%、テスラ▼0.7%でオープニング。

FOMC記者会見直後にS&P500は急上昇するが、ずるずると下落。
FF金利は据え置き、資産購入ペース月額$1200億を据え置きと政策は現状維持。
”インフレ率が平均して2%となり、長期的なインフレ期待が2%にしっかりと固定されるように、インフレ率が2%を適度に上回ることを目指す”かあ。

“With inflation running persistently below this longer-run goal, the Committee will aim to achieve inflation moderately above 2 percent for some time so that inflation averages 2 percent over time and longer‑term inflation expectations remain well anchored at 2 percent. The Committee expects to maintain an accommodative stance of monetary policy until these outcomes are achieved,” the committee added.

https://www.cnbc.com/2021/04/27/stock-market-futures-open-to-close-news.html

 ブルームバーグのエコノミスト調査によれば米経済は今年、約30年ぶりの速いペースで成長する見通し。また金融当局は今年10-12月(第4四半期)に債券購入のテーパリング(段階的縮小)を発表すると見込まれている。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-04-28/QSACOBT1UM0Y01?srnd=cojp-v2

FOMCをふまえて、年末最後のFOMC金利見通しは25BP上昇確率が12%かあ。

バイデン政権の American Families Plan

おおまかな内容としては、約1兆ドルの投資と、8,000億ドルの減税。
以下の詳細については、引用元はWP

◆約1兆ドルの主な投資内容

◇ $2,250億
チャイルドケアの支援。幼児期のスタッフの最低賃金を15ドルも含む
◇$ 2,000億
3歳と4歳のすべての子供に無料で就学前教育を提供
◇$1,090億
コミュニティカレッジの無償化
◇$2,250億
paid family and medical leave
労働者が家族や医療のための休暇を取得する際に、月4,000ドルまで支給し、最低でも週平均賃金の3分の2、最低賃金の低い労働者の場合は8割まで補填

◆約8000億ドルの主な税控除

◇The child tax credit 
6歳から17歳までの子供1人につき年間3,000ドル、6歳未満の子供1人につき3,600ドル控除を2025年まで延長。2025年まで延長し、毎月還付
◇勤労所得税控除
◇13歳以下の子供の養育費の半分(子供1人の場合は4,000ドル、子供2人以上の場合は8,000ドル)を上限に税額控除

◆増税について

年間100万ドル以上の収入がある世帯は、すべての収入に対して39.6%の税率を支払う?

すでにいくつかのバイデン政権が提示した件について、マンチン上院議員は ‘uncomfortable’と発言しているし、ニール委員長は The child tax creditは5年間ではなく恒久的に実施する草案だしてきているので、バイデン大統領の提示した政策プランへの追及はそこそこにとどめておきます。

Apple決算発表 時間外で△2%

  • EPS: $1.40 vs. $0.99 estimated
  • Revenue: $89.58 billion vs. $77.36 billion estimated, up 53.7% year-over-year 
  • iPhone revenue: $47.94 billion vs. $41.43 billion estimated, up 65.5% year-over-year 
  • Services revenue: $16.90 billion vs. $15.57 billion estimated, up 26.7% year over year 
  • Other Products revenue: $7.83 billion vs. $7.79 billion estimated, up 24% year-over-year 
  • Mac revenue: $9.10 billion vs. $6.86 billion estimated, up 70.1% year-over-year 
  • iPad revenue: $7.80 billion vs. $5.58 billion estimated, up 78.9% year-over-year 
  • Gross margin: 42.5% vs. 39.8% estimated 
  • グレーターチャイナでは、アップルの売上高は前年同期比87%以上増加して$177億3,000万
  • iCloud、App Store、Apple Musicなどのサブスクリプションを含む、アップルの利益率の高いサービス事業も26.7%上昇
  • プラットフォーム上のサービス全体で6億6,000万件以上の有料会員。前四半期比から4,000万件増加
  • Appleは、1株当たりの配当金を7%増の0.22ドルにすると発表。
  • 900億ドルの自社株買い。これは、昨年の500億ドル、2019年の750億ドルを大幅に上回る自社株買い。
    【参照元:CNBC

Facebook決算発表。発表後時間外△6%

  • Earnings: $3.30 per share vs. $2.37 per share forecast
  • Revenue: $26.17 billion vs. $23.67 billion expected
  • Daily active users (DAUs): 1.88 billion vs. 1.89 billion forecast by FactSet
  • Monthly active users (MAUs): 2.85 billion vs. 2.86 billion forecast by FactSet
  • Average revenue per user (ARPU): $9.27 vs. $8.40 forecast by FactSet
  • 純利益は、前年同期の49億ドルから94%増の95億ドル
  • 広告1件あたりの平均価格が前年同期比で30%上昇、広告配信数が12%増加
  • アプリ月間利用者数が34億5,000万人(前四半期は33億人)
  • 米国およびカナダにおけるFacebookのユーザー数
    2四半期連続で横ばいの1億9,500万人
  • 欧州のユーザー数は、第4四半期の3億800万人から、3億900万人に増加
  • 商品の売買ができるFacebookの「Marketplace」サービスを利用する月間アクティブユーザー数が10億人を超え

AppleがiOS 14でプライバシーに関する変更を行ったことで、iPhoneおよびiPadユーザー向けの広告をパーソナライズすることが難しく。このiOS 14の変更は、第2四半期からFacebookの広告ターゲティングに影響予定。

Additionally, the company is bracing for “ad targeting headwinds” as a result of regulatory and platform challenges. Most notably, this includes Apple’s recent privacy changes in iOS 14 that may make it more difficult for the company to personalize ads for iPhone and iPad users. This iOS 14 change will begin having an impact on Facebook’s ad targeting in the second quarter.

https://www.cnbc.com/2021/04/28/facebook-fb-earnings-q1-2021.html