米国株式市況/マイクロソフトとアルファベット決算発表

【NYダウ】33,984.93 △0.01%
【NASDAQ】14,090.22△0.34%
【 S&P500】4,186.72▼0.02%
ラッセル2000種指数 2,301.27△0.14%
VIX恐怖指数  17.56→
米30年債利回り 2.297↑
米10年債利回り 1.625↑
米5年債利回り 0.881↑
米2年債利回り 0.182↑
2年債と10年債の利回り差   144BP→ 
5年債と30年債の利回り差  141BP↓
日本国債10年との利回り差 157BP↑
10年物TIPS利回り ―0.79%  ↓
20年物TIPS利回り ―0.27%  ↓
10年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.39% ↑ WOW~
5年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.51%↑  WOW~
WTI原油先物 63.06 ↑ 8:34JST
フィラデルフィア半導体指数:3255.61 ▼0.67%
ブルームバーグ ドル・スポット指数 : 1,129.23 △0.01%
LQD   131.02 ▼0.45%
HYG 87.21▼0.14%
S&P/LSTA U.S. Leveraged Loan 100 2,370.62△0.08% [4/26]
米取引所の合算出来高は97億株。直近20営業日の平均は99億株。

◆経済指標
・ 消費者信頼感指数 121.7 ←パンデミック以前2020年2月以来の高水準
・ 全米ベースの住宅価格指数 前年同月比△12%
・ 米20都市住宅価格指数 前年同月比△11.9%(前回 11.1%)

オープニングでは、S&P500、ナスダック総合指数はほぼフラットで小幅な上昇でスタート。テスラは決算発表後の時間外下落寄りは下がらず$717▼2.55%でスタート。Amazonは△1%でオープニングスタートするが、MS、Apple、Alphabetはさえない動き。テスラはクローズで▼4.5%

S&P500の約3分の1の企業が決算発表終了。84%の企業がポジティブな収益のサプライズを実現しているが、好調な業績を受けて株価の動きは比較的穏やかで、市場は過去最高水準の高バリュエーション(引用元:CNBC


620億ドルの7年債入札は、2月と3 月の入札が軟調だったことで懸念が出ていたが、需要が改善(引用:ロイター


明日FOMC政策発表なので、Fed Watch再チェック。

https://www.cmegroup.com/ja/trading/interest-rates/countdown-to-fomc.html

マイクロソフトとAlphabet決算発表

Microsoft(引用元:CNBC)時間外取引 約▼3%

  • Earnings: $1.95 per share, adjusted, vs. $1.78 per share as expected by analysts, according to Refinitiv.
  • Revenue: $41.71 billion, vs. $41.03 billion as expected by analysts, according to Refinitiv.
  • 前四半期のAzureの売上は50%増(ドル建て売上開示はしていない)
  • インテリジェントクラウド部門(Azure、Windows Server、SQL Server、Visual Studio、GitHub、Enterprise Services)は、第3四半期に151億2,000万ドルの売上 前年同期比△23%
    インテリジェントクラウド部門の営業利益率 42.5%とやや下落
  • Office、Dynamics、LinkedInなどを含むプロダクティビティ&ビジネスプロセス 売上高は135億5,000万ドル △15%

Alphabet(引用元:CNBC) 時間外取引 約△5%
パンデミックの影響で広告売上減ったとはいえ、すごっ

  • Earnings: $26.29 per share vs. $15.82 per share expected
  • Revenue: $55.31 billion vs. $51.70 billion expected
  • Google Cloud revenue: $4.05 billion vs. $4.07 billion, according to FactSet estimates.
  • YouTube ads: $6.01 billion vs. $5.70 billion, according to StreetAccount.
  • Traffic Acquisition Costs (TAC): $9.71 billion  vs. $9.25 billion, according to FactSet estimates.
  • 当四半期の広告収入は446億8,000万ドル。前年同期の337億6,000万ドルから大幅に増加。4年間で最も速い年率成長率。
  • 健康技術部門のVerily、自律走行車部門のWaymoを含む同社の「その他」部門は、1億9,800万ドルの収益で11億5,000万ドルの損失を計上
  • 500億ドルの自社株買いを新たに実施