米国株式市況/1年先のインフレ期待は2012年3月以来の高水準

【NYダウ】34,200.67△0.48%
【NASDAQ】14,052.34△0.10%
【 S&P500】4,185.47△0.36%  
ラッセル2000種指数 2,262.67△0.25%
VIX恐怖指数  16.25↓
米30年債利回り 2.281↑
米10年債利回り 1.590↑
米5年債利回り 0.837↑
米2年債利回り 0.163→
2年債と10年債の利回り差   140BP ↓ 
5年債と30年債の利回り差  143BP↓
日本国債10年との利回り差 149BP↑
10年物TIPS利回り ―0.79%  ↓
20年物TIPS利回り ―0.25%  ↓
10年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.33% →
5年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.55%→ 
WTI原油先物 63.07 ↓
フィラデルフィア半導体指数:3253.08▼0.56%
ブルームバーグ ドル・スポット指数 :1,134.56 ▼0.12%
LQD   131.07▼0.68%
HYG 87.30 ▼0.21%
S&P/LSTA U.S. Leveraged Loan 100 2,369.03△0.02% [4/15]
米取引所の合算出来高は99億9000万株。直近20営業日の平均は110億2000万株。

◆経済指標
・ 住宅着工件数(季節調整済み、年率換算)  174万戸  前月比△19.4%
・ 住宅建設許可件数  177万件  △2.7%
・ 4月米ミシガン大学消費者マインド指数(速報値) 86.5
・1年先のインフレ期待 3.7%(前月3.1%)←2012年3月以来の高水準
・5年先のインフレ期待 2.7%(前月2.8%)

オープニングでは、S&P500△0.35%、ナスダック総合指数はほぼフラット。米10年債も1.6%を割り込んでの水準となった。
来週から決算発表があるが、市場が注目しているのはコストの上昇で利益率圧迫していないか、そしてインフレ圧力があるかどうかだろうなあ(引用元:CNBC
米ミシガン大学の1年先のインフレ期待率は2012年3月以来の高水準だし。


米政治メディアみていると、日米会談について大きな発表とかなかったせいか、あんまり報道されていない感が否めない…
中国と北朝鮮を念頭においたインド太平洋戦略もトランプ政権の延長だよなあ。
5月にも米韓首脳会談やる予定なんだね。あと、この日米気候パートナーシップって何やるんでしょうかね。

また、日米で温暖化ガスの排出削減を主導し、脱炭素化やクリーンエネルギーに関する「日米気候パートナーシップ」を立ち上げることでも合意した。

https://jp.reuters.com/article/usa-japan-idJPKBN2C32RJ