米国株式市況/FOMC議事録は手掛かりなし。

【NYダウ】33,446.26△0.05%
【NASDAQ】13,688.84▼0.07%
【 S&P500】4,079.95 △0.15%  
ラッセル2000種指数 2,223.05▼1.60%
VIX恐怖指数  17.16↓
米30年債利回り 2.361↑
米10年債利回り 1.676↑
米5年債利回り 0.871→  
米2年債利回り 0.163→
2年債と10年債の利回り差   151BP ↓ 
5年債と30年債の利回り差  148BP↑
日本国債10年との利回り差 158BP ↑
10年物TIPS利回り ―0.67%   →
20年物TIPS利回り ―0.13%  ↓
10年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.34% ↑
5年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.53% ↑  
WTI原油先物 59.55 8:33JST
フィラデルフィア半導体指数:3266.46△0.01%
ブルームバーグ ドル・スポット指数 :1,145.11▼0.01%
LQD   130.58▼0.20%
HYG 87.23 ▼ 0.03%
S&P/LSTA U.S. Leveraged Loan 100 2,366.31△0.08% [4/6]
米取引所の合算出来高は94億1000万株。3営業日連続で今年の最低水準を更新した。直近20営業日の平均は121億6000万株。 ←といっても、コロナ禍前は70億株くらいだったよな~

経済指標
・ 2月 米貿易赤字
  ―輸入  2583億ドル  前月比▼0.7%
 ―輸出  1873億ドル  前月比▼2.6%
半導体輸入は50億ドル、ほぼ変わらず。半導体輸出 48億ドル (4億ドル超減少)

S&P500,ナスダック総合指数はほぼフラットでスタートしたが、すぐにプラテン。アップル、MSは小幅な下落でスタート。米10年債利回りは米株式市場オープンの時は1.66%台。クルーズ船は、今夏半ばから条件付きで再開するようだ
日本時間0時頃に急落したのは何なんだろうね。

今年は投票権をもたないダラス連銀の総裁発言。

米ダラス連銀のカプラン総裁は7日、今年の力強い景気回復に伴い、インフレ率が後戻りする前に加速し、場合によって2.5%を優に上回る可能性があると語った。
  カプラン総裁はUBS主催のバーチャル討論会で、「ダラス連銀は2021年の米国の国内総生産(GDP)成長率を約 6.5%と予測する。見込み通りなら、失業率が年間を通じて下降線をたどり、年末までに4%に近づくとわれわれは考えている」と発言した

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-04-07/QR7Q34T0G1KX01?srnd=cojp-v2

日本時間深夜3時に、FOMC議事要旨が発表。新たな手掛かりはないね。「しばらく時間がかかる」の時間軸がほしいよなあ。