米国株式市況/バイデン大統領のインフラ投資計画は本日発表

【NYダウ】33,066.96 ▼0.31%
【NASDAQ】13,045.40 ▼0.11%
【 S&P500】3,958.55▼0.32%
ラッセル2000種指数 2,195.80 △1.72%
VIX恐怖指数  19.61
Fear & Greed Index 44↓
米30年債利回り 2.374↓
米10年債利回り 1.714→
米5年債利回り 0.902↑  
米2年債利回り 0.149↑
2年債と10年債の利回り差   157BP→
5年債と30年債の利回り差  147BP ↓
日本国債10年との利回り差 162BP ↓
10年物TIPS利回り ―0.64%  ↓
20年物TIPS利回り ―0.18%  →
10年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.35% 
5年物ブレーク・イーブン・インフ レ率(BEI)2.52%  
WTI原油先物 60.32 8:44JST
フィラデルフィア半導体指数:3044.55▼0.33%
ブルームバーグ ドル・スポット指数 :1,153.59▼0.07%
LQD   129.71 △0.31%
HYG 86.76  ▼0.24%
S&P/LSTA U.S. Leveraged Loan 100 2,361.15▼0.02% [3/26]
米取引所の合算出来高は102億9000万株。直近20営業日の平均は135億株。

・米20都市住宅価格指数は前年同月比△11.1% ←14年3月以来の大幅な伸び
・3月 米消費者信頼感指数 109.7  (前月90.4)

オープニングでは、S&P500▼0.2%、ナスダック総合指数▼0.4%でスタート。
昨日下落していたGSも△1.9%上昇。クルーズ船株が△4%ほど上昇。
10年債利回りはロンドン時間の取引で1.776%と、1月22日以来の水準に上昇。

アルケゴスの件のリスクオフは、そもそも損失額が50~100億$のようだし(引用元:ブルームバーグ)、たいしたことないですね。
個人的には、早抜け勝負になってしまった要因というか、そのあたりが知りたい。こぐまさんの一連の解説が素晴らしすぎる~。ワイン片手に一連の説明されたら、好きになっちゃう❤


バイデン大統領、本日3/31にインフラ投資計画の発表

今回は、3兆$パッケージの半分のインフラ投資部分だけの発表。子ども税額控除やカレッジ無償化などについては、4月に発表される予定。
バイデン大統領は、おおわくの方針しか示さないだろうし、あくまで大統領の方針だから、実際に法案作成する米議会を追っていた方が早いと思うわけです。

大きな方向性としては、 昨年下院で可決した1.5兆$インフラ法案「the Moving Forward Act」がそのまま盛り込むという方針が濃厚のようですね。

ただ、一方で、すでに下院のエネルギー・商委員会が米国内のEV化を促進する条項を含めた1兆ドルの法案を書いているから、重複する部分(ブロードバンド対策に1000億$)あるけど、まあこれだけで2兆ドルいくとおもうんだよなあ。

3兆ドルでおさまるのか?とおもっていたら、やっぱり米議会は4兆ドルの財政出動で3.5兆ドルの増税が濃厚になってきているらしい。 バイデン政権、っていうか117th米議会は、前代未聞のお金バラ撒きと増税の議会になりそうですな。

The move comes after an initial White House plan to offset a $3 trillion infrastructure bill with $1 trillion in tax increases is starting to look more like $4 trillion in new spending and $3.5 trillion in taxes.

https://thehill.com/homenews/senate/545483-democrats-wrestle-over-tax-hikes-for-infrastructure

まあ、バイデン政権からの発表は、すでに米議会で可決した法案や提出された法案をそこまで大きくずれないと思っています。そのあたりを整理して先日書きました。


米国内の電気自動車政策が一気に進みそう

あと、気になる動きが、これ。 シューマー院内総務が掲げる「2030年までに自動車販売はEVのみ。2040年までに米国でEV以外走らせない」 法案について、米自動車業界はどう考えているんだろうと思っていたんですが、これをみると同意しているってことかな。だとすると、もうこれは動くだろうなあ。
税制については、共和党を無視して民主党だけの過半数だけで法案が可決しますからね。このあたりは実現するだろうな。国土がEU全土より広い米国で、電気自動車を走らせるってまあすごいことですよ。
ドイツ政府は、電気自動車(EV)の充電インフラに55億ユーロ(約7100億円)を拠出する方針」ってあるけど、もうこんなの潰す勢いですな。

– 米国の自動車メーカー団体と部品メーカー団体、全米自動車労組(UAW)は29日、バイデン大統領に電気自動車(EV)の普及に向けた「包括的計画」の策定と、税制優遇などの各種支援措置を改めて要望する書簡を送った。
(中略)
書簡に署名したのは、ゼネラル・モーターズ(GM)やトヨタ自動車、フォルクスワーゲン(VW)などが加盟する米自動車イノベーション協会(AAI)を率いるジョン・ボゼッラ氏と、米自動車部品工業会(MEMA)のビル・ロング最高責任者、UAWのギャンブル委員長の3人。

https://jp.reuters.com/article/usa-autos-biden-idJPKBN2BM3BS